入試制度の種類

○AO入試
AO入試とは、学力試験を課さず、書類審査と面談を通して、受験者の潜在的かつ将来的な可能性を総合的に評価する制度です。
つまり受験者と本学との対話による入学試験です。詳しくは、入学試験要項をご覧下さい。
 
○推薦入試
指定校推薦、一般推薦、文化活動推薦、専門高校・総合学科卒業生推薦、体育推薦を実施し、それぞれに推薦の基準が設定されています。詳しくは、入学試験要項をご覧下さい。
 
 ・指定校推薦入試
本学が指定する高等学校の学校長が推薦した者について、面接及び書類審査により判定します。
なお、詳細については当該指定校へ直接案内します。
 ・一般推薦入試
本学で定めた推薦成績基準を満たし、高等学校長が推薦した者を対象とし、学業成績を重視します。
合否は小論文、面接及び書類審査により判定します。
 ・文化活動推薦入試
本学で定めた推薦成績基準を満たし、各活動分野のそれぞれの基準を満たした者を対象とし、文化活動を重視します。
文化活動の分野は、文化系クラブ活動、生徒会活動、ボランティア活動、英語検定等各種検定の四分野で、
合否は小論文、面接及び書類審査により判定します。
 ・専門高校・総合学科卒業生推薦入試
高等学校の職業教育を主とする学科及び総合学科の出身者で、本学で定めた推薦成績基準を満たし、
高等学校長が推薦した者を対象とし、学業成績を重視します。合否は、小論文、面接及び書類審査により判定します。
 ・体育推薦入試
本学で定めた推薦成績基準を満たし、県大会以上の大会で上位入賞した者を対象とし、学業成績及び体育活動を重視します。推薦種目はバレーボール、野球、サッカーなどの17種目です。合否は小論文、面接、書類審査及び大学側クラブ顧問等面談により判定します。
 
○一般入試
前期日程は、国語、英語、選択科目の3科目で実施します。但し、総合文化学部英米言語文化学科は、国語、英語、英語リスニングで実施します。
 後期日程は、小論文、面接及び書類審査により判定します。詳しくは、入学試験要項をご覧ください。
 ※前期日程には、専門高校・総合学科卒業生選抜試験も含まれます。
 
○大学入試センター試験利用入試
大学入試センター試験を利用した入学者の選抜で、本学独自の個別試験は実施しません。
この制度は、大学入試センター試験の成績をもとに合否の判定を行いますので、事前に大学入試センター試験を受験しなければなりません。なお、受験すべき科目等については、入学試験要項をご覧下さい。
 一般入学試験制度との併願が可能なため、同一学科へ複数回、受験することができます。
 
○社会人特別入試
 勉学意欲に燃える社会人を迎え入れるための制度です。各学部学科によって、選考方法が異なりますので、詳しくは、特別入学試験要項をご覧下さい。
 
○帰国生特別入試
 外国で勉学の経験を持つ帰国生を対象に、一定の基準を設けて選抜する制度です。合否は、面接及び書類審査により判定します。詳しくは、特別入学試験要項をご覧下さい。
 
○外国人留学生特別入試
 教育・研究の国際交流推進の一環として、外国人を対象に全学部で実施します。出願資格は外国で正規の学校教育12年の課程を修了し、出身学校長等が推薦した者です。合否は、日本留学試験の成績及び面接により判定します。詳しくは特別入学試験要項をご覧下さい。
 
○編入学試験
編入学制度は、県内および県外の大学生、短大生または、専修学校生に進学の道を開くことによって、学習意欲の更なる向上を図るだけでなく、すでに大学や短大、専修学校を卒業した社会人で専門的な学習がしたいという意欲を持った方々にも利用できる制度です。
 他大学あるいは短大での学生経験がある方を本学に迎えることで、生涯学習の機会を提供し、地域の活性化に貢献することを期待します。試験科目等については、編入学試験要項をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る